CSSの基本について知っておきたいこと

CSSが必要な理由とは

CSSの基本として知っておきたいのは、ウェブページの装飾に関わるスタイルを指定するための言語であるということです。ウェブページの制作そのものにはHTMLを使います。もちろん、このHTMLにも装飾に関するタグがありますが、通常は装飾はCSSを用いることになります。その理由として、HTMLで指定する構文を書いてしまうと、そのコンテンツ内容がgoogleなどの検索エンジンが理解できないものになってしまうからです。また、HTMLによる装飾を行うと、それに対応していない閲覧環境では意図したレイアウトで表示されないというケースも出てきます。そのために、文書構造を担当するHTMLと分けてCSSでレイアウトを指定するわけです。

CSSの基本的な役割について

CSSの基本的な役割は、HTMLで書かれたウェブページを読みやすくすることです。文字の大きさや色に工夫を凝らして、伝えたい情報を明確にすることが目的です。文字の揃え方や行間の取り方などを細かく指示することができます。また、ウェブページはパソコン以外にもスマートフォンやタブレットでも表示できるようにする必要があります。そこで、それぞれの端末に適した表示を行えるようにするのも、CSSの役割となります。さらに、テキスト読み上げを行う場合にも、その読み上げ方をCSSのスタイルシートで指定することができます。このようにHTMLで作られた文書を様々な端末で読みやすく、わかりやすいようにできるのがCSSというわけです。

自営業者はHP作成を作成することにより、様々な人に商品、サービスを知ってもらうことができ、それによって売り上げをアップすることができます。