CSSの基本を学ぼう

Webサイトの基本:(X)HTMLとCSS

Webサイトを作成する際に必ず耳にするのが(X)HTMLとCSSです。ここでは主に、CSSの基本事項に関して説明をしていきます。まずは、CSSとは何かについて理解をしていきましょう。Webサイトは基本、2つのファイルからできています。1つは(X)HTMLと呼ばれる、情報の構造と内容を表すためのファイルです。そしてももう1つがCSS(正式名称:Cascading Style Sheets)と呼ばれ、(X)HTMLのファイルの内容の見た目をコントロールするための情報が載っているファイルです。今現在インターネット上で公開されているサイトはこの(X)HTMLとCSSが基盤となっています。もちろん今見ているこのサイトも、基本的にはこの(X)HTMLとCSSのファイルからできています。その中でも同じ情報を更に見やすくするための手段としてCSSは存在しておりその基本を知ることは大切です。

(X)HTMLとCSSの具体例

では次に、実際に(X)HTMLファイルとCSSファイルがどのようにしてWebサイトの情報を管理しているのかを見てみましょう。まずは今読んでいるこの文章について見ていきます。この文章は、大きく二つに役割が分けられます。「(X)HTMLとCSSの具体例」という見出しと、それに続く「では次に…」という本文です。(X)HTMLのファイルの中で、この文章がそれぞれ、見出しと本文であることを記述します。その上で、CSSファイルでは、それぞれに対してどのような視覚的効果を加えるかを決めていきます。例えば見出しの部分であれば、太字にしたり、文字を大きくしたり、必要に応じて見出しだけ中央寄せにしたりと見出しの位置などもCSSで指定することができます。このようなCSSでの工夫を加える事で、瞬時にこの見出しが大切な要素なのだと見ている人に伝えることができるのです。

一括見積もりサービスを利用することで無料でホームページ作成の見積もりを得ることができ、非常に便利です。