CSSとは何なのか(特徴について)

CSSの基本知識について

CSSとは、画面のデザインを司る文法の事です。画面の項目の配置や背景色、文章の色・太さ等を決めるために、CSSファイルに定義する事が出来ます。画面の項目などを定義しているのはHTMLという文法です。デザインはHTMLの項目にそのまま記載する事も可能なのですが、デザインをHTMLに書いた場合、後でデザインを変更したくなった時に、HTMLファイルを修正しなければなりません。一方でデザインをCSSファイルに分けた場合、後からデザインを変更したくなった時に、HTMLファイルを修正する必要がなくなり、CSSファイルだけを直せば良いため、便利な面があります。皆さんもインターネットを使用するといろんなサイトにアクセスをすると思いますが、各WEBサイトのデザインにCSSが使用されています。

CSSの文法について

CSSの基本として、idセレクタとclassセレクタがあります。HTML側のファイルには<p id="test1">スタイル適用テスト1</p><p class="test2">スタイル適用テスト2</p><p id="test3_id" class="test3_class">スタイル適用テスト3</p>上記のように記載できます。(idを指定した場合、classを指定した場合、idとclassを指定した場合)CSSファイルの方には、p.test2{ font-size:18px; font-weight:bold;}と書いた場合、test2というid名を持つp要素にデザインを適用する事ができます。(文字のサイズと太さ)